ねじる

「ねじる」は、応用的な手技です。
広範囲をマッサージする際に行うことがほとんどでしょう。

 

椅子に座ってる状態などで行うには不向きな施術です。
パートナーがうつ伏せに寝ている場合、脇の下から脇胸、脇腹などを下から上に、身体に沿った筋肉を引き上げるように、両手のひらを使って施術します。

仰向けになっている状態でも、同様、身体に沿って下から上に筋肉を引っ張り上げるように、両手を使って施術します。
左右に移動することが可能なので、うつ伏せ、仰向けのどちらでも広範囲に渡り施術を行う場合に適しています。

 

ねじるというのはプロの整体師もよく取り入れる手法です。
ただし施術の最初に行う動作ではなく、必ず筋肉の緊張をあらかじめほぐした段階で行います。